金融業界の今後

| 未分類 |

公的な金融機関が金融業界に与える影響は非常に大きいと言えるでしょう。なぜならば、公的な金融機関の保有している資産があまりにも大きいからです。これが民間企業を圧迫していると言われることもあり、民間企業を活性化するために政策金融改革が検討されました。

 

政策金融改革では、公的な金融機関の影響を小さくすることを目的としていて、例えば郵政民営化もその一つだと言えるでしょう。なぜこのような政策がとられるのかというと、税収との関係が大きいと考えられます。

 

民間の企業が活動をして利益を得れば税金を納める事になるわけです。しかし、公的な金融機関がどれだけ活動をしても税収は増えません。そのため、税収を増やすための方法としては公的な金融機関を民営化することが効果的だと考えられたのです。公的な金融機関が民営化すれば公正な競争が行われますから、それによってサービスも向上すると考えられます。

 

郵政というと郵便事業もありますが、保険のシェアは非常に高いと言えるでしょう。この保険の部分が金融業界に大きな影響を与えていますから、民営化することによって保険のサービスが向上し、また民間企業の業績も伸びると考えられるため、民営化が必要だと言われているのです。

???? Vol.37 ????????