銀行の役割

| 未分類 |

観葉植物04

 

 

金融機関はお金を全ての産業や消費者に融通する役割を果たしています。

 

金融のは直接金融と間接金融の二つに大きく分けることができます。

 

直接金融とは社債や株式で企業に直接投資することを差しますが、こちらは証券会社が媒介します。

 

間接金融はお客さんからお金を集めてその集めたお金を使って企業に融資します。

 

銀行は主に間接金融を担っており、貸出、預金、決済の3業務を中心におこなっています。

 

今では投資信託や保険の代理店の役割も果たしています。

 

まずは貸出に関してですが社債や株式を発行することでコストを少なく資金を調達することはできますが、それが思う存分できるのは株式が上場している企業や社債発行、募集して人が集まるような信頼されている企業でないと難しいのです。

 

融資であれば、もちろん財務状況などにより可否が決定されますが、比較的簡単に資金を集めることができます。

 

次に預金ですが、一般のお客さんはお金を安全に管理してもらうことができ、利息もつきます。

 

もちろん潰れてしまうと大変ですが、預金保険機構により1000万円とその利息まで保護されています。

 

最後に決済についてですが、決済機能により遠隔地にお金を送ることもできます。この3つの業務は経済を成り立たせる上で欠かせないでしょう。